1月が権利確定月の株

あべのアポロシネマ(きんえい)の株の買い方 株主優待は「株主招待券」

きんえいの株の買い方 1株でも買える? 株主優待は?
きんえいの株と株主優待を手に入れるための要約

 

株主優待の内容は「株主招待券」

あべのアポロシネマの株主優待を受けるには「(株)きんえい」の株を購入する

75株以上で1月末と7月末に優待権利がもらえる

100株で35万円程度で買える

こんにちは、優待大好き!まさるです。

もし、あなたが「映画が好きで、映画を見れる株主優待やってる株ってないかな?」と思っているなら

そんなときには、35万円程度で購入できて、株主優待が「株主招待券」の企業はどうでしょうか?

そんな企業が「(株)きんえい」です。

あべのアポロシネマという映画館を中心に娯楽場、賃貸ビルの経営をしている企業です。

特徴としては、近鉄グループの一員で知名度も高いことです。

さて、そんなきんえいですが、優待は「株主招待券」になります。

詳しくは後述しますね。

それでは、使いやすい株主優待を持つ1月と7月が権利確定月の「きんえい」を紹介します。

きんえいってどんな企業?

まずは、きんえいの企業情報をまとめてみました。

市場 東京証券取引所(東証2部)
証券コード 9636
商号 (株)きんえい
決算期 1月末日
業種 サービス業
単元数 100株
備考 掲載時点での情報となります。

きんえいの事業内容

近鉄グループの一員として、大阪であべのアポロシネマ(映画館)を展開している企業になります。

主な事業内容は

  • 映画興行
  • 賃貸ビルの経営・管理
  • 娯楽場等の経営

特徴としては、高い知名度の近鉄グループの一員であることです。

きんえいの沿革まとめ

きんえいの主だった沿革をまとめました。

1937年 株式会社大鉄映画劇場設立
1944年 商号を株式会社近畿映画劇場に変更
1949年 株式を大阪証券取引所市場に上場(昭和38年10月第2部指定、平成25年7月市場統合により東京証券取引所市場第2部上場)
1998年 商号を株式会社きんえいに変更
2013年 劇場名称を「あべのアポロシネマ」に変更

そして現在に至ります。(情報ソースはすべて、企業HPより)

きんえいの株主優待は何がもらえるの?

画像はヤフオク!様(https://auctions.yahoo.co.jp/)より引用

きんえいの株主優待は、「映画の株主招待券」となっています。

75株~ 1枚(毎月1枚を6ヶ月分)
150株~ 2枚(毎月1枚を6ヶ月分×2)
300株~ 4枚(毎月1枚を6ヶ月分×4)
450株~ 6枚(毎月1枚を6ヶ月分×6)
750株~ 10枚(毎月1枚を6ヶ月分×10)
1,050株~ 14枚(毎月1枚を6ヶ月分×14)
優待券は1ヶ月有効期限のものを各月分で計6枚(写真参考)保有株式数に応じて複数セットもらえる形です。
ただ、毎月14回も映画を見ることはなかなかないので、家族の人数や頻度に合わせて調節しましょう。
また、一部映画は招待券が使えない期間などもあるようですので注意が必要です。

75株など変則的な株数になっています。優待のみ欲しい場合は、下にある単元未満株の買い方を参考に必要な株を購入しましょう。

上記の内容から、きんえいの株は、株主優待目的の場合は、ご自分の映画スタイル以上の株数は購入しなくて良いと思います。

招待券を失くしたら再発行は出来ませんので注意してくださいね。

利用可能店舗はコチラを参考にしてください。

また、投資情報についてはコチラの公式サイトからも確認できます。

きんえいの株主優待の権利をもらうにはいつまでに買えばいいの?

きんえいは1月末と7月末に株主優待の権利が確定します。
上の表にある通り、150株以上は貰える優待が増えますが、一つ上の注意を読んで必要分の購入にしましょう。

また、きんえいの株主優待は権利が発生してもすぐに届くわけではありません。きんえいの場合権利確定後、随時発送を予定しているようです。

きんえいの株を75株以上購入していれば、自動的に送られてきます。

権利確定日
1月末日
権利付き最終日
2020年1月28日(火)
権利落ち日
2020年1月29日(水)

株主優待が欲しい場合、権利付き最終日までに、必要な株数を購入しておきましょう。

権利落ち日は、株主優待や配当の権利を得ているので、株を売っても大丈夫な日になります。

きんえいの株はいくらで買えるの?

きんえいの株価は 2,947円(2020/10/24時点)なので、1単元購入するのに必要な金額は294,700円です。

株主優待を貰うためには75株の購入が必要ですので、221,025円と手数料で購入できます。

きんえいの株を買える証券会社はどこ?どうすれば買える?

きんえいは東証2部上場企業なので、一般のどの証券会社でも購入できます。あとは購入の際の手数料や証券会社の購入のしやすさで選べばよいと思います。
その中でも、手数料、サービス内容などを加味しておススメなのが

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • カブドットコム証券

の3社です。

その中でもオススメは普段から楽天を使っていたり、楽天ポイントを貯めている方は楽天証券一択です。

楽天を使っていない場合はSBI証券がオススメです。


まずは口座開設が済んでいないと購入できませんので、今すぐ口座開設だけ済ましてしまいましょう。

きんえいの株を1株だけ(単元未満株)で購入する方法は?

株主優待はもらえないけど、それでもきんえいの株が購入したい!きんえいのファンだから株を買って応援したい!というあなた。安心して下さい。
1単元で買うと高額になってしまう株でも1株だけでも購入できる方法があります。

それが、単元未満株という物で証券会社毎に取り扱いがある所とない所があります。単元未満株を買う際に有力な証券会社をまとめてみました。

証券会社名 手数料 サービスの名称
SBI証券 約定代金×0.500%(税抜、最低手数料は50円) S株
マネックス証券 約定代金×0.5%(最低手数料は48円) ワン株
カブドットコム証券 約定代金2万円まで100円、以降1万円増加まで毎に67円加算 プチ株
野村證券 約定代金×1.08%(一律、最低手数料は540円) まめ株


中でも、オススメはSBI証券です。手数料の安さももちろんですが、IPO株を買う際にも通常の単元株を買う際にも全てにおいて使える所が魅力です。




きんえいの株主優待おススメ度

まさるのきんえいの株主優待おススメ度は

星2つ!(2/5)

株主優待の内容は、映画の株主招待券ととても使いやすいのですが、使える映画館数が厳しいです。

近くにきんえい(あべのアポロシネマ)がないという方は投資対象にはならないと思います。

きんえいの株主優待が欲しい場合は、きんえいの事業内容が好き、あべのアポロシネマの近くに住んでいてよく映画を見る、または今後のきんえいの躍進を期待してという考え方で購入したほうが良いです。

優待にお買物優待券を設定している企業は結構あります。こちらのリンクからお好きな企業を探してみるのもよいかもしれません優待が優待券の企業

とにもかくにも証券口座を開設しないことには何も始まりません。開設しただけではお金もかからないので、いつあなたが欲しい株主優待が出来てもいいように、またその株を権利付き最終日に購入が間に合うように購入するためにも今すぐ証券口座を開設しておきましょう。

きんえいの株を購入するのにオススメの証券会社はコチラ!